競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

弥生賞の傾向

f:id:mashblack0302:20160315215316j:plain

今週日曜に行われる弥生賞。

 

 

リオンディーズ、エアスピネル、マカヒキと世代トップクラスの3歳牡馬が激突するということでクラシック前からちょっとした盛り上がりを見せております。

皐月賞と同じ中山2000mで行われる同レースですが、

一体どの馬が適正ありそうですかね。。

なんとなく、ここ3年の勝ち馬の傾向を調べてみました。

 

2013年カミノタサハラ

馬番6枠8番

道中の位置取り(7-7-4-4)

上がり3F35.0 (5位)

 

2014年トゥザワールド

馬番7枠10番

道中の位置取り(7-7-6-4)

上がり3F35.7(2位)

 

2015年サトノクラウン

馬番4枠4番

道中の位置取り(4-6-5-4)

上がり3F35.7(2位)

 

勝ち馬は全て中団から好位差しの競馬で決まっています。

まぁ勝ちパターンとしては、このコースに限らず王道的な勝ち方なので、

一概には言えませんが、

この3頭に共通して言えるのは

この時点で競馬の上手な馬だったといえるのではないでしょうか。

中山コース自体が元々器用さが求められる競馬場。

当日の枠などにも左右されそうですが、

現時点でこのような好位差しの競馬が出来る馬が一番勝利に近いところにいるんですかね。

 

冒頭の3頭ともキャリアが浅いので、

なんともいえませんが、

ん~~現時点では

 

乗りやすさという点では

マカヒキに分があると見ております。

 

リオンディーズは朝日杯では出遅れはありましたが、

上手く乗れていたと思います。

が、新馬戦を見る限り2000mでは終始かかりっぱなしだったのがやはり不安。

あの時は岩田君だったので、デムーロに変わってどうか、という見方もありますけどね。

 

エアスピネルは朝日杯を見る限り、前半は少し力んでいたのではないでしょうか。

そういう部分でまだまだコントロールは難しい馬かなと思います。

ただ、鞍上の経験もありますし、きっちり修正はしてきそうです。

 

マカヒキは今のところ、競馬自体は100点じゃないですかね。

前走2000mの若駒Sを見る限り、スムーズに走れていたかと思います。

ただね、

京都でしか走れてないのが未知数ですね。

個人的に京都競馬場での圧勝やタイムはあまり参考にはできないかな~と思ってます。

まぁなんとなくですけどね。

 

本日はこの辺で。

 

スポンサーリンク