読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

こんな楽しみな皐月賞は過去にない!

f:id:mashblack0302:20160315215928j:plain

記事タイトルに今の思いがそのまま出てしまいました。

本当、今皐月賞が凄く楽しみです。

 

 

もちろんクラシックなので毎年それなりに楽しみなんですけどね。

ただ、皐月賞に対するワクワクは今年を上回るものは自分の競馬歴8年の中でないです。

 

その理由はもちろん日曜日のマカヒキ!!

 

久々に競馬を見て鳥肌が立ちましたね。

神のスリーポイントを見た時の彩ちゃんの気分です。

(スラムダンクね。)

 

リオンディーズ、エアスピネルという2頭はやはり世代屈指の馬ですが、

ここにきてその2頭を超える馬の出現。

そしてあの勝ち方。

そして何故かその馬の皐月賞の鞍上が未定!

 

もう楽しみな要素が盛り込まれすぎです。

 

ルメールはレース前からサトノダイヤモンドが本番で乗る馬という風に、

情報が出ていましたが、

本人もまさかこんなに強いとは思わなかったんじゃないでしょうか。

ちょっとインタビューも戸惑ってる感じが出てましたね。

単純に日本語が話しづらかったからかな?

 

弥生賞のレース映像を見ていたのですが、

リオンディーズ、エアスピネルの2頭はやはり馬のいきっぷりが目立ちますね。

エアスピネルはスタート後、

しばらくして1コーナー回ったあとあたりくらいからは落ち着きますが、

リオンディーズは道中の掛かりがやはり気になります。

 

まぁ逆に言うなら掛かっててあの強さって、

折り合ったらどんだけやねん!って話ですが。

 

勝ったマカヒキはレース前から注目していた競馬の乗りやすさという点で、

やはりこの2頭よりだいぶ抜けてましたね。

スタート後、道中後方の位置取りになりましたが、

引っ張られて前に行った2頭とは対照的にじっくり折り合っていました。

 

ラストの直線、左手前に替えたときにもう一伸びし、リオンディーズを見事に差しきり。

距離も伸びて大丈夫そうな感じを見ると、ダービーの舞台はものすごく合うのではないでしょうか。

 

にしても、やはりこの3頭は抜けているということを改めて認識した弥生賞。

そしてその勝ったルメールが本番では乗り変わる予定のサトノダイヤモンド。

ロードクエスト、ディーマジェスティ、ハートレー。

と今年のクラシックは楽しみなメンツそろい踏みですね。

 

スポンサーリンク