競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

高松宮記念レース回顧。ビッグアーサーG1初制覇!

f:id:mashblack0302:20160328012037j:plain

遠いドバイの地でリアルスティールがムーア騎手を背に福永リターンを決めた約15時間後、

福永騎手がG1でデムーロリターンを決めるという競馬ファンにとってはレース結果含め大盛り上がりな土日だったのではないでしょうか。

 

 

自分の予想した本命のブラヴィッシモは大して見せ場もなく、

馬群に沈んでいったので馬券的には何の面白味もなかったですが、

レース自体はレコードタイムが出るなど異様な馬場状態含め秀逸の内容だったと思います。

 

とりあえずレース回顧です。

 

レースは大方の予想通り、

ミッキーアイル、ローレルベローチェ、ハクサンムーンがスタート後ハナをとりにいきました。

アクティブミノルはスタートが上記3頭より遅かったため、やや控える形に。

結果的にはアクティブミノルはこの控える形が良かったのか、ハナ差4着という波乱の立役者になるところだったですね。惜しかったです。ただ同馬にとっては競馬の幅も広がって今後につながる好内容だったと思います。

 

ハナを主張したのは結局ローレルベローチェでした。

もう着順とか関係なく、とりあえずハナをとるためにレースに出てきた感じ。

ミッキーアイルも無理にハナをとりにいくことはしませんでした。

ハクサンムーンは大外だったのと二の足があまり早くないこともあり、二番手に控える形。

勝ち馬のビッグアーサーはその3頭を見ながらの4番手という絶好の位置でポジションをとれました。

このポジションくらいまで本命だったブラヴィッシモも上がってほしかったんですけどね。

早々に前にサクラゴスペルが被ってしまい、上がれなくなってました。

 

テンの3Fは32.6。とんでもないタイムですね。

直線になって、とりあえず番手に控えてたミッキーアイルが抜け出してきたと思ったら、「待ってました」とばかりにビッグアーサーが後ろから差してきました。

 

もうあのポジションにビッグアーサーがいた時点で、ミッキーアイルはどうしようもなかったのかもしれません。ペースもペースでしたし。

最後の差は生粋のスプリンタータイプか否かの差がそのまま出たのではないかと思います。

 

それにしても勝ったビッグアーサーは

非サンデー系のサクラバクシンオー参駒。

ここでG1を勝ったことにより、種牡馬としても大いに楽しみが広がるレースとなりました。

まぁまだ引退にはちと早いですけどね。スプリント界の新星として、今後の活躍にも期待大です。

 

スポンサーリンク