読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

東京優駿【日本ダービー】2016考察マカヒキについて

G1 日本ダービー2016 雑談

前回のディーマジェスティに続き、今回はマカヒキについて所見を述べようと思います。

 

皐月賞二着馬マカヒキ

レコード決着となった皐月賞で二着に終わったマカヒキ。上がり三ハロンでは「33.9」というメンバー最速の末脚を繰り出すもディーマジェスティを捉えることはできず。最後坂を上ったところで同馬に幾分か詰め寄ったところがゴールでした。

マカヒキとディーマジェスティの差

コンマ2秒差で敗れてしまったマカヒキですが、勝ち馬ディーマジェスティとの差はどこにあったのでしょうか。位置取り、騎手の差云々言われてますが、自分の考えとしてはディーマジェスティの中山適性が圧倒的に他馬より高かったのではないかと思っています。騎乗に関して川田騎手は100点とは言いませんが、十分及第点の範囲で出来ていたと思いますし、位置取りに関してはマカヒキがディーマジェスティより後ろにつけた分、最後届かなかったとどこかの記事で見かけましたが、スタート後の出足が遅いマカヒキを前に出したところで、その分最後のキレが鈍ってしまったのでは?と考えています。ラスト3Fの映像を見る限りでは、坂の加速でややモタついたマカヒキに反して、凄い勢いで坂を上っていくディーマジェスティの走りは完全に中山競馬場というコースがはまっているのではないでしょうか。

気になるダービーの鞍上と逆転の可能性

レース後の川田騎手は「ダービーで逆転したい」とコメントを残していましたが、友道調教師は次戦の鞍上に関して特に明言はしませんでした。個人的には、川田騎手で手は合っていたかな、と思いますので、そのまま引き続き乗って欲しいですね。ダービーで騎手変更もあまりいい印象がないですし。(コディーノとか)

あと距離が2400mに伸びるのは問題ないのではないでしょうか。皐月賞の走りを見る限り折り合いは大丈夫でしょう。上記で述べたディーマジェスティとの差はあくまで適正の差だと私は見ていますので、舞台が府中に変わることによってそこの差もなくなるのではないかと考えます。逆にマカヒキが左回りさっぱりだという不安も多少ありますが、調教の動きなど見る限り問題ないと今のとこ思えます。

近年の皐月賞二着馬のダービー成績

サイン的な話になると、近年の皐月賞二着馬がさっぱりなのが少し気になりますね。

  • 2015年リアルスティール(4着)
  • 2014年トゥザワールド(5着)
  • 2013年エピファネイア(2着)
  • 2012年ワールドエース(4着)
  • 2011年サダムパテック(7着)
  • 2010年ヒルノダムール(9着)
  • 2009年トライアンフマーチ(14着)
  • 2008年タケミカヅチ(11着)
  • 2007年サンチツェッペリン(4着)
  • 2006年ドリームパスポート(3着)

マカヒキには是非このジンクスを破ってもらいたいです。

 

スポンサーリンク