競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

天皇賞秋2016、少し気が早いが【エイシンヒカリ】を切ろうと思う

府中2000mで行われるG1!天皇賞秋、略して『秋天』

 

 少し前までは中距離最強を決める秋競馬の大レースという感じでしたが、近年はジャパンカップのための前哨戦だったり、有馬記念を見越して回避する馬がいたり、G1の中では少し格落ち感が出てきている秋天。

今年の出走馬もG1馬が数頭いるとはいえ、何か物足りない感じです。まぁそれでもレース自体は楽しみなのでちょいと触れておこうと思います。

 

早速だが、エイシンヒカリを切ろうと思う

天皇賞の盾男、武豊が騎乗するエイシンヒカリ。今年念願のG1馬になった同馬ですが、あーしは思い切って馬券から外してやろう!と思ってます。香港C、イスパーン賞という海外でも名のあるG1を連勝した馬を何故、、!?と大多数がお思いでしょう。まぁ、それなりに理由があるので聞いておくんなまし。

 

昨年の秋天では惨敗だったエイシンヒカリ

昨年2番人気という高い単勝支持率を得て出走したエイシンヒカリ。今年もそれなりに人気を集めそうですが、去年の秋天は9着と惨敗でした。敗因は、生粋の逃げ馬である同馬にレース序盤クラレントが競りかけて、オーバーペースになってしまったこと。それまで殆どのレースを逃げて勝っていた同馬にとってこの展開は初体験だったのでしょう。気性もわりかし荒いほうだし、展開が嵌らなかったんだなと当時私は思っていました。ところがレース後武豊はそれを否定。道中は逃げようと思ったけど、クラレントが来たので二番手で落ち着かせてすんなり進めてた!なんてことをうるおぼえですが、言ってた気がします。1年経っても、そんなことをかすかに覚えてる私はこう考えるのです。

 

『この馬、日本のG1じゃパンチ足りないんじゃね?』

 

G3、G2では好走するけどG1では足りない。私にはこの馬が昨年秋天で大本命にしていたディサイファと被って仕方がありません。(しーい!しーい!)

 

 

人気の逃げ馬に乗る武はマークされやすい

逃げ馬が勝つ時って大体どんな時でしょう?序盤、スルスルと前にいって、後ろがモタモタしているときに自分のペースで流れをつくって、そのまま押し切るパターンがほとんどじゃないでしょうか。つまり周囲の“虚”をつくってことですよね。

昨年、秋天の王道路線といわれる毎日王冠を勝ち、3連勝でレースに臨んだエイシンヒカリは、それはそれは周囲の注目を浴びていました。また騎手もスターですからね。周りもそりゃ楽に逃げさせてはくれません。先述のとおり、クラレントに思いきり絡まれてしまいました。この時に限らず、秋天で逃げ馬に乗る武豊はあまりいい印象がありません。サイレンススズカは事故、少し前だとトウケイヘイローで惨敗。(あの時は岩田君がしつこく突っついていました。)

 

今回も楽に逃げさせてもらえない匂いがプンプンします。(またクラレントいるし。)

 

 

海外帰り、ぶっつけで臨む国内G1

最後のレースから4ヶ月経って調教は猛時計出してるそうですが、どうなんでしょうね。そもそも気性が荒い馬って時計いいんですよ。すぐムキになっちゃうから。

 

ここを叩いて、香港が一番ベストコンディションなんじゃないでしょうか。

(エイシンは香港強いし)

 

まぁ、そんなこんなで以上がエイシンヒカリを切ろうと思う理由諸々でした。

どうです?『なんか納得!!』なんて思ってくれました?

 

でも馬券はくれぐれも自己責任でお願いしますね!笑

 

 ▼秋天の予想はコチラ▼

天皇賞秋2016予想、本命は2枠3番アンビシャス! - 競馬単複予想&競馬談義

 

スポンサーリンク