読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競馬単複予想&競馬談義

毎週競馬の単複予想をやってます。競馬に関する雑談もちょいちょいあげていきますので構ってちょ!コメントとかも積極的に受付中ですのでお気軽にどうぞ♪

天皇賞秋2016予想、本命は2枠3番アンビシャス!

G1 予想

天皇賞秋は2枠3番アンビシャスに◎

混戦模様の今年の秋天ですが、枠が出た時に迷いなく本命を打ちました!

宝塚記念を惨敗した横山典弘×アンビシャス。『逆襲の横山典弘』に期待します。

 

混戦模様の時ほど枠を重視

予想する時って色々な材料を見ると思うのですが、自分は以下の比重で予想を組み立てています。

 

馬>枠>騎手

 

平場の予想はまた変わってきますが、G1に限って言えば大体こうです。

今回の秋天は先週の菊花賞サトノダイヤモンドのように抜けた馬がいなそうなので、必然的に1~2枠の内枠の中から本命を決めようと思ってました。

 

そう!アンビシャスです!!

 

過去の傾向もそれなりに

アンビシャスに決めた理由はそれ以外にもあります。それは秋天というレースの過去の傾向です。前走毎日王冠をステップしてきた馬が常に馬券になっているんですね。遡ると2006年のダイワメジャーから毎年、毎日王冠出走馬が3着以内に食い込んできています。今年の毎日王冠組は、クラレント、アンビシャス、ロゴタイプ、ルージュバック、ヒストリカル、ステファノスの全6頭。今年もこの中のどれか1頭は馬券になる率があると仮定すると予想もしやすくなるもんですな。

 

アンビシャスになっちゃうんですよ!!

 

騎手はMrポツン、横山典弘

スタート後、馬群から離れた最後方にポツンと一頭の馬。こういうレースたまに見かけますよね。大体、鞍上にはMrポツンがいます。競馬場の歓声が悲鳴と怒号に変わる瞬間です。『横山典弘が人気馬に騎乗するレースは周囲の反応を見る』競馬場に行った時、こういう楽しみ方ができてる人はかなりの玄人レベルですね。笑

話が逸れましたが、アンビシャスと横山典弘は過去2戦コンビを組んでいます。一つは惨敗した宝塚記念。そしてもう一つは並み居るG1馬を抑えて勝利した産経大阪杯。この2戦を見る限り、相性が悪いということはなさそうです。というか、産経大阪杯は横山典弘だから勝てた!と唸ってしまうくらいの好騎乗でした。あのレースで脚質の幅も広がり、先行もでき後方からの末脚勝負もできる馬だということを証明してくれたと思います。つまりどんな展開でも勝てる騎乗ができるということですね。横山典弘ならゲートが開いた瞬間その時ベストな騎乗を選択してくれそうです。

 

だからアンビシャスなんですよ!!

 

気になる印は

アンビシャス以外では王道の毎日王冠組からロゴタイプとステファノス、そして昨年は大敗でしたが枠&騎手の要素でサトノクラウンに印を打ちます。

 

◎アンビシャス

○ステファノス

△サトノクラウン

△ロゴタイプ

 

馬券は手堅くワイド

儲けたいのか、当てたいのか。

今回は当てにいく買い方で手堅くワイドを選択。さてさてこれがどう出ることやら…

f:id:mashblack0302:20161029141006p:plain

 

ちなみに人気馬エイシンヒカリに関しての記事も過去にありますのでよかったら見てちょ!▼

天皇賞秋2016、少し気が早いが【エイシンヒカリ】を切ろうと思う - 競馬単複予想&競馬談義

スポンサーリンク